ウーマン

眼瞼下垂によるたるみは手術で改善しよう!

瞼が開かなくなる病気

目元

眼瞼下垂は何らかの理由によって上瞼が開きづらくなる病気です。上瞼を動かしているのは眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉組織と、それを動かす動眼神経です。この片方、あるいは両方に障害が生じた結果、眼瞼下垂が引き起こされます。眼瞼下垂の原因は先天的な要因と後天的な要因の二種類あります。最も多いのが先天的な要因で、眼瞼挙筋の形成不全によって発症します。この病気は遺伝する事も確認されています。後天的な要因は加齢による筋肉組織の劣化が上げられます。年齢を重ねると肌にハリがなくなり、皮膚がたるんできます。それによって瞼も下がってくるのです。また、コンタクトレンズの長期装用者に眼瞼下垂の症状が出る事もあります。上記とは少し異なりますが、瞼が弛むなどの原因で視野が妨げられる偽眼瞼下垂というものがあります。こちらは眼瞼挙筋や動眼神経の異常が原因ではないので、皮膚の弛みを改善する事で治ります。

眼瞼下垂の症状の度合いには個人差があり、軽度なものから重度のものまで様々です。軽度の場合は視野の変化が小さく、日常生活に支障も出ないので自覚できないケースが多いです。重度の場合、立体視が困難になって距離感が掴めず、更には突発的に上瞼が閉じてしまう為、事故や怪我の直接的な原因になりやすいです。眼瞼下垂の治療は外科療法が基本です。特に先天的な要因で発症している場合は、外科療法以外に有効な治療法が存在しません。後天的な要因の場合は、暫く様子を見て手術を行うかどうかを決定します。眼瞼下垂は目蓋にメスを入れて治療する方法が主流ですが、メスを使用しない方法もあるので、自分の希望する治療法を探してみる事が重要です。

特殊なレーザー光の治療

女性

東京の美容整形外科、美容皮膚科で受けることができるしみ治療、より一般的なものを挙げるとすれば医療レーザーを用いた方法が挙げられます。麻酔や痛み止めの処方により痛みに対するストレスは軽減できますし、より短期間でしみを解消することが可能です。

もっと詳しく

お肌のくぼんだ部分に注入

女の人

老けて見られるほうれい線の改善や対策としてヒアルロン酸注入治療があります。注入によってお肌のくぼみを解消でき、メスを使わないで治療ができます。また、ヒアルロン酸は頬の斜めにできるしわの改善などにも使えますので、ほうれい線以外のコンプレックスが顔にある方にも最適です。

もっと詳しく

表情筋が作るシワに効果的

医療器具

眉間やおでこのシワは、老けて見えるだけでなく、不機嫌な印象を与えてしまいます。そんな表情筋が原因のシワの治療に効果的なのがボトックス注射です。ボツリヌス菌が表情筋を一定期間麻痺させることにより、シワを改善することができます。

もっと詳しく